京都わび茶会
京都わび茶会

利用者の声

北嶺大行満 光永覚道大阿闍梨

利休の目指したもてなしの形

北嶺大行満 光永覚道大阿闍梨

暗闇に蝋燭の灯りのやさしさを感じ、音があふれる現代に音のない世界を経験し、食べ物のありがたみを知る。普段意識しないいろいろな気づきを得、考える力を養うには最高の場所です。すべての無駄を省いた空間で対面して、おいしいお茶と一汁一菜を楽しみ、腹を割って話をする茶会は、利休の考えたわび茶そのものであり、本当のもてなしの形です。そぎ落としたその中にこそ本来の必要なものだけが残ってくる。それが本質なのです。

大仏師 松本明観 様

世界観に魅了された

大仏師 松本明観 様

人生も50年になり、いろいろな価値観や感性も変化を感じる事が多くなりました。そんな時『わび茶会』に参加させていただく機会に恵まれました。最初は少し緊張と戸惑いがありましたが、会が進むにつれて視界がどんどん広がり、幻想的な異空間ではろうそくの灯りは想像より明るい事に驚き、また茶道家の凜とした佇まいや的確で美しい所作には色気すら漂うようでした。閉会時には、その世界観に魅了された自分がいることに気づきました。

ピアニスト マルコム・レジャー 様

仄暗い闇で見つけた日本の美

ピアニスト マルコム・レジャー 様

露地の門の向こうは、まさに別世界。迷いや雑念の一切ない、ただ静かで穏やかな、釜の音だけが聴こえるお茶室で、私は 平和な気持ちになり、人本来の持つ優しい状態へと導かれて、最後には時間すらも止まりました。 静謐の中で頂いたお膳は、味が一層際立ち、感覚もより研ぎ澄まされてとても瞑想的なものでした。仄暗い闇の中で日本の美の本質を見つけることができました。それは初めて味わう素晴らしい体験でした。

ヴォーカリスト 田中志保 様

静けさの中に聴こえた音

ヴォーカリスト 田中志保 様

東京で育ちました私にとって、京都の伝統文化には憧れがありました。今回『わび茶会』を体験させていただき、想像していた以上に深いものを感じました。ろうそくの灯のみの中でいただく一汁一菜の美味しさが体の隅々にまでいきわたり、涙が出そうになったのです。また『わび茶会』の無音、無明の世界。そこにあった豊かな明るさ、そして音。〝静けさの中にのみ潜む豊かな音〟を、自分の歌にも取り入れられないものかと切望しました。

広告制作会社 取締役・プロデューサー  奥井博詞 様

イマジネーション体験を社員研修に

広告制作会社 取締役・プロデューサー 奥井博詞 様

お釜の音に耳を傾けていると、閉ざされた空間いっぱいに自分が広がっていくような解放感を覚えました。その時々の状態によって、2回目、3回目はまた違った気づきが体験できるのではと感じます。一緒に参加した友人は、席主との語らいでの一言一言が心に響き、よりじっくり自分を見つめるために『CHANOYU therapy』を予約したとのこと。イマジネーションが刺激されるこの茶会を、何らかの形で会社の社員研修に活用できればと考えています。

お客さまをお迎えするために

日常生活へフィードバック

会社員 水田佳代子 様
美容サロン経営 益田泰子 様
会社員 永松直子 様

目を閉じ呼吸音に集中するうちに、意識が上へ流れ気持ちよくなりました。夜ぐっすり眠れ、次の日の朝は体がスッキリ軽く!

今回は2度目で、自分に軸を置いて瞑想。慌ただしい日常の中で 自分を取り戻し、足元を固めて次へと進める強さがもらえました。

席主のやわらかな京都弁に癒され、肩の力が抜けるのを感じます。お茶を点てる動作もとても美しく、このイメージを日常生活に取り入れながら、丁寧に暮らす大切さを意識していきたいです。

お申し込みについては下記をご覧ください。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

■料金
 瞑想と茶の礼 お一人様20,000円(約2時間)

 瞑想と食の礼(一汁一菜)、茶の礼 お一人様30,000円(約3時間 毎月第1土曜日。別日についてはご相談ください。)

 ※完全予約制 プライベートセッションとなります 
(家族・友人など5~6名様まで同時可)
 ※開始時間はいずれも日没前後(季節により異なります)


■ご予約・お問い合わせ


 メール:wabichakai@kyoto-wabichakai.info

 表題を「わび茶会申し込み」とし、
 ご希望日と人数、その他ご要望があればお書きください。
 担当者より返信させていただきます。

※可能な限り迅速な返信を心がけておりますが、営業日等の関係でお時間をいただく場合がございます。

アクセス方法や地図はコチラをご確認ください。